当サイト「ブラック企業転職支援サイト」へようこそ。

こちらのサイトでは今すぐ転職を考えた方が良いブラック企業の特徴や効率的な転職活動の方法についてまとめています。当サイトで順次公開する情報に目を通すだけでブラック企業の実態ややばい会社から無事に転職する方法が分かります。

ちなみにこのページでは当サイトが順次公開する情報の触りについて見ていきます。当サイトの情報があなたの役に立つかどうかをご判断いただくためにも個別ページに足を運ぶ前にざっとでも目を通すことをおすすめします。

ちなみに当サイトを作成するにあたり、ブラック企業の特徴や転職活動のコツについてまとめているこちらのサイトを参考にしました。

少し話が逸れたのでもとに戻します。それではこれから紹介する順番で当サイトで取り上げる予定の情報の触りを紹介していこうと思います。

気になるブラック企業の特徴とは?

最近テレビやネットで話題になっているブラック企業という言葉。ブラック企業という言葉は今の日本では有名な単語ですが、会社がブラックか否かを判断する際の基準はあまり知られていません。

そこで当サイトでは具体的な転職手順を紹介するのと同様に転職活動で絶対に避けた方が良いブラック企業にはどんな特徴があるのかについても触れています。

詳細な内容は後程個別ページで紹介するので、ここではブラック企業によく見られる6つの特徴についてまとめてみました。

給料が著しく低い
過剰なサービス残業がある
社内いじめやハラスメント行為が多発
社員の平均滞在期間が2年以下
年間の休日が100日未満
軍隊のようなトップダウン方式

こういった特徴がある会社は完全なブラック企業です。より詳しいブラック企業の特徴については後程個別ページで紹介しようと思います。

2chで見るやばい会社の実態

先ほどブラック企業とはどんな会社であるかについて紹介しましたが、実態が分からないとブラック企業がどれほどやばいのかわからないですよね。そこでここでは2chで紹介されているブラック企業の実態をいくつか紹介しようと思います。

月の残業時間が100時間を超えるS社

広告業界大手の S社は休日出勤、深夜残業が当たり前の会社であり、月間の残業時間は100時間を優に上回る。 残業代はきちんとつくとはいえ、休日も上司の合コンや客先の接待で、仕事から離れる時間はほとんどない。

過去に過労死をした従業員が出てもその従業員のことを甘えているという文化。高給であるとはいえ、社員の目は慢性的な寝不足で濁っており、最近は心の病で会社を辞める従業員が増えている。

本気で広告に興味があり、月間の勤務時間が残業を含めて300時間を超えることに耐えられる人以外は入ると後悔する。

大手飲食チェーン店M社

M社は格安居酒屋チェーン店である。このチェーン居酒屋は店舗ごとに店舗責任者を置き、責任者には毎月の厳しいノルマが課される。

ノルマを達成できない場合、毎月の定例ミーティングで全社員の前で罵倒や時には鉄拳制裁もなされる。深夜5時まで営業をしていることに加えて、ランチ営業もしていることから営業日は1日16時間という長時間労働を強いられるのも珍しくない。

長時間労働の弊害で体調を崩して会社を休んだ場合、罰金や鉄拳制裁が飛んでくる。当然残業代は付かない上に学生バイトが突然辞めるとその穴埋めのために出金しなくてはいけないので、月の休日が3日を切ることも少なくない。

まさに現代版の奴隷である。完全なブラック企業であるが、激務過ぎるがゆでに転職活動に取り組む時間がないので転職をするには会社を辞めるしかない。将来飲食の世界で会社を立ち上げるなどのプランがないのなら入社は控えた方が良い。

学習塾O

O社は関東地方を中心に展開している大手の学習塾である。この学習塾は教師一人一人にノルマ制をしいており、生徒からの評判が悪い教師は一方的な理由での解雇や減給をしている。

あまりの理不尽さから他の塾に転職をしようとする教師が後を絶たないがそれを妨害することに余念がない。現に教師が同業界に転職をしようとしていることを知ると転職活動の妨害のために強制的に雑用を振ることは日常茶飯事。

大手の学習塾であるがゆえに利用者や休職中の教師の卵からすると非常に好印象の企業であるが、実態はブラック企業中のブラック企業である。社員の平均定着率は2年を切っており、入社して数か月で辞めていく社員も少なくない。

ここで取り上げたのは2ch上でよく見受けられるブラック企業の実態の中で特に目立った内容を端的にまとめたものです。この3つのストーリーにあるようにブラック企業は激務であり、常識では考えられない理不尽がまかり通る世界です。

長くいると心の病になることも考えられるので、仮に入社してしまった場合は一日でも早く転職をすることに越したことがありません。こういったブラック企業と関わらないコツは入社前にその会社がブラック企業であるかどうかを見極めることです。

当サイトでは企業がブラック企業であるか否かを見極めるためのコツについても後程紹介する予定です。

やばい会社から転職する方法

当サイトでは転職をすることでやばい会社から逃げる方法についても取り上げております。

具体的な転職のコツや転職アドバイスは個別ページで紹介するので、ここではブラック企業から転職をする際の手順をまとめてみました。

転職サイトに登録をする
企業からのアプローチを待つ
アプローチが来た会社の面接を受ける
内定をもらう
現職を辞めて内定先に移る

実はここで取り上げたことを上から順番にやれば最小限の時間的な負担で転職先を探すことができるのです。ブラック企業にいると転職活動に取り組む時間がないかもしれませんが、転職サイトに登録してエージェントの力を借りれば働きながらでも何とかなります。

具体的にどこの会社の転職サイトに登録するべきか等は別ページで紹介する予定です。いずれにせよ、転職サイトに登録をすればブラック企業で働きながら転職活動に取り組めるので、ブラック企業からの転職を希望するのでしたら積極的に利用したいですね。

ホワイト企業の特徴とは?

当サイトではブラック企業の特徴や転職でブラック企業から逃げるコツの他に人にやさしいホワイト企業の見極め方についても紹介する予定です。

具体的な見極め方については後程紹介しますので、ここではホワイト企業というのはどんな会社なのかについて簡単にまとめてみました。

週休2日制がある
残業代が付く
年間の休日が120日ある
ボーナスが出る
如実なハラスメントがない
法令順守が徹底されている
平均勤続年数が15年を超える

こんな会社非常に素敵だと思いませんか?

特に一番最後の平均勤続年数が15年を超えるという点は最もチェックしたいポイントです。なぜなら平均勤続年数が15年を超える会社というのは現在の社員が転職をせずに長く会社に留まっていることを意味するからです。

会社に長くとどまる社員が多いということは、そう、それは従業員の満足度が高いのです。従業員の満足度が高くて転職先として理想的なホワイト企業の探し方についても当サイトでは順次公開する予定です。