働き方改革が注目されている今、もっと楽に、もっと多くの収入が欲しい!と考えるひとも多いのではないでしょうか?

今の職場環境を振り返ると同時にもっといい職場環境を求めて転職活動をはじめるのも大切だと思います。

今回は、無事に転職活動を成功させるコツを5つにまとめてご紹介します。転職活動をはじめる前に是非一度目を通してみてください!

ゴールを明確にする

「転職活動」と一言にいっても何からはじめるべきか、意外と難しいものです。

とりあえずネットで転職に関する情報を集めたり、転職サイトやエージェントに登録をしたり…でも、やみくもに進めてもうまくいくものでもありません。

そこでまずは「ゴール」を決めましょう!

このゴールを決める際に大切になるのはこちらの3つの観点です。

目的(なぜ?)

なんで転職したいのか?これが一番重要です。

「とりあえず辞めたい」とか「なんとなく給料を上げたい」とか、そのような漠然とした理由ではなく、転職して「何がやりたいのか」をより具体的な仕事内容に落とし込むことが重要となります。

時期(いつ?)

いつ転職をするのか。期限を設定することも重要です。

期限を決めずに転職活動を行っても、結局決め切らずにうまく行きません。

これも具体的にいつまでに転職をするのか、最初に期限を決めることが大切です。

転職先(どこに)

最後は「転職先」です。

これは限定する必要はありませんが、具体的な「企業名」で転職を希望する先をいくつか決めて転職活動をはじめることが重要です。

転職先を具体的にイメージすることで、準備であったり、活動を進めるうえでのモチベーションを維持することにも重要です。

《まとめ》転職活動をはじめるときに、「目的」「期限」「転職先」を決める。

準備期間を最低1年間は持つ

なるべく短く、早く転職をしたいというのが本音だと思います。

もちろん、転職活動の時間が短く、早く転職先が決まることが何よりではありますが、そううまくはいきません。そこでより良い転職先への就職を望む場合には、「最低1年」は準備期間を持つのが重要です。

なぜ1年も必要なのでしょうか。理由は以下の3点です。

  • 転職先となる企業を理解するため
  • 転職後に必要となるスキルを身に着けるため
  • 転職したいという気持ちが本物か、確かめるため

単なる思い付きで転職をすると転職先でも同じような失敗を繰り返します。

1年間の準備をすることで、本当に働きたい職場を見つけ、転職後の業務を助けるスキルを身に着け、迷いのない気持ちで転職をすることができます。

《まとめ》1年間の準備期間で、転職に対する知識・技術・気持ちを整理しましょう。

どこに転職するかではなく、何をしたいのか

転職活動のうえで、目標となるのは「企業」になります。

なので、その活動はとかく「どこに」転職するのか考えがちです。ですが、企業名だけを追いかける活動をしても、なかなかうまく進みません。

あなたの人生を左右する転職活動を後悔なく行うためにもまず「何をしたいのか?」という、やりたいことやそれに合った職種を考えてみましょう。

そのためにも、どんな仕事をしたいのか?をまず明らかにします。そのうえで、それが実現できる所属先(企業)を探す。

この順番で転職活動に取り組むことが転職活動を成功させるためにはとても大切です。

《まとめ》転職は「企業変え」ではなく「職業変え」。先ずはやりたいことを探しましょう。

転職のプロを複数活用する

これまで、転職活動をはじめるにあたって大切となる考え方や準備などについて紹介をしました。

それでは、このような準備や実際の活動をどう進めるのか。おすすめは「転職のプロ」を活用することです。

自分が何をやりたいのか?何ができるのか?、ということは自分ひとりでは、なかなか形にできません。

そこであなたの本音を引き出すための相談相手やサポート役として、複数の「転職のプロ」を活用しましょう!

この転職のプロは大きく分けると2つがあります。1つは「転職サイト」もう1つは「転職エージェント」になります。

転職サイト

転職に関する情報を提供するWebサイトになります。

サイトに登録されている転職募集企業の情報を閲覧し、エントリーをする情報提供サイトになります。

気軽に利用できるのがメリットですが、転職のアドバイスや交渉などはありません。

転職エージェント

転職希望者と採用希望のある企業とを橋渡しするエージェントサービスのことです。

転職先の情報提供だけでなく、企業との交渉や面接などのアドバイス、適正のある企業とのマッチングなどを代行してもらえます。

その分、担当者との面談など、サイトのような、いつでも、どこでも使えるという手軽さは望めません。

理想は両者の兼用

転職に関する情報を幅広く収集し、客観的なアドバイスを複数もらうことが、よりよい転職先を見つけ、希望する転職先への就職率を上げます。

そのために、サイトとエージェントを組み合わせることと、複数の「転職のプロ」を活用することが重要となります。

《まとめ》「転職のプロ」転職サイトとエージェントを複数活用することが重要です!

転職後の自分を具体的に想像する

「準備」「相談」転職を進めるコツをご紹介しましたが、最後に大切なのが「転職後の自分を具体的に想像する」ことです。

転職が失敗か、それとも成功か。その結果は、転職後に実際働きだしてから出るものです。

希望の転職先に就職することが目的になってしまうと実際に働きだして、「やっぱり違った」ということになってしまいます。

このならないためにも希望する転職先の情報を徹底的に調べることをおすすめします。

調べ方の基本はホームページになりますが、関連する書籍などがあれば積極的に入手しましょう。

また、実際に働いている知り合いなどがいれば聞いてみることも重要です。入手した情報をもとに、転職後に自分がどのように働いているのかを常に想像しましょう。

転職活動で重要となるのは、エントリーシートと面談で語られる「志望動機」になります。

なぜ希望する企業で働きたいのか?その本気度がとても大切になります。

そのためにも、しっかりと相手(企業)を知り、転職し、就職することで「どんなメリットを企業に与えられるのか」具体的な業務内容と関連付けてアピールをしましょう!

《まとめ》転職後の自分を想像し、転職に対する本気度をしっかりアピールしましょう!

5つのポイントのまとめ

無事に転職活動を成功させるコツについて5つのポイントをご紹介いたしました。

ここまでの内容の総括として転職活動を成功する秘訣はこのようになります。

自分を知り、相手を知った上でしっかりとした準備をプロと相談しながら行うことです。

特にプロに相談をするというのは欠かせませんので、今の会社を辞めることをお考えでしたら、まずは転職のプロに今の心境を相談してみることをおすすめします。