【ホワイト企業の5つの項目はコレ!】

世の中には「ホワイト企業」という社員が働きやすい職場を提供している企業があります。

社会人生活はとても長いので、出来れば職場環境の悪いブラック企業よりも、職場環境の良いホワイト企業で働きたいですよね。

では、ホワイト企業の特徴にはどのようなものがあるのか?

今回は「ホワイト企業には欠かせない5つのチェック項目」をご紹介します。

週休2日制があるかどうか

ホワイト企業の特徴として「週休2日制」があるかどうかが重要になってきます。

最近の会社は人件費削減の為か、週に1日しか休ませてくれなかったり、ヒドい所では2週間に1日しか休日をくれない企業もあります。

休みが少ないと、心身共に休まる事が出来ないですし、体が休まっていないが為に、仕事でのパフォーマンスも低下してしまうので、仕事のミスも増えてしまいます。

なので、ホワイト企業かどうかを見極める際はしっかりと「週休2日制の会社かどうか」を確認する必要あるのです。

しかし、ここで重要になってくるのが「週休2日制」なのか「完全週休2日制」なのかどうかです。

「週休2日制も完全週休2日制も同じじゃないか!?」と感じられるかもしれないですが、実際は全く違います。

この週休2日制というのは、1ヶ月に週2回休みの週が1度以上ある事を指します。なので、月に1回2日間の休みの週があって、残りの日が全部出勤だとしても「週休2日制」扱いになってしまうのです。

その為、求人などで「週休2日制」と書かれていても、実際はホワイト企業どころか、ブラック企業の可能性だってありうるのです。

しっかりと休みの多いホワイト企業に入社したい人は「完全週休2日制」の企業を選んでください。完全週休2日制とは「毎週」2日の休みがある事を指します。土日休みとは限らないですが、週に2日は休めるので、年間休日も多い会社といえます。

年間休日が多いのはホワイト企業の証ですから、求人を見る時は週休二日制に「完全」が付いているか付いていないかを、しっかりと確認した方が良いです。

残業代がもらえるかどうか

残業代を貰えるかどうかは働く上でとても大事です。何故、面倒な仕事に耐えられるかと言うと、給料という名のご褒美があるからですよね。ご褒美の為ならば、残業だって喜んで行う人も多いかもしれないです。

労働基準法では「1日8時間」「1週間で40時間」以外は、職場の代表者と労働協定を結び、労働基準監督署に届ければ40時間以上の労働が可能になるという事になっています。

しっかりとしている企業では、残業をさせた分だけ残業代をキチンと払ってくれます。
これは当たり前の事ですが、世の中にはこの当たり前な事すらも出来ていない企業がたくさんあります。

「36協定」では「月の残業は45時間までね!」という約束があります。しかし、ブラック企業の場合は「45時間」どころか、過労死ラインである「80時間」の残業を月に行わせる場合もあります。しかも「サービス残業」でです。

ブラック企業に入社してしまうと、残業は多いわ、残業代は少ないわで散々な思いをしてしまいます。

しかし、ホワイト企業だと繁忙期は忙しくて残業が増える事はあるかもしれないですが、その分「残業代」という見返りがあるので、社員達の仕事のモチベーションもしっかりと保てます。

社員の平均勤続年数の長さ

社員の平均勤続年数が長い企業は、ホワイト企業の可能性が高いです。

社員の平均勤続年数が長いという事は「その企業に魅力を感じている社員が多い」という事です。世の中には多くの企業が存在しています。もし、働いている企業に魅力を感じなければ、ほとんどの社員は転職をしている筈です。

しかし、多くの社員がその企業に勤め続けているという事は、それだけ「その企業で働いていたい」と感じさせる職場づくりが出来ているという事になります。

そのような企業は、しっかりと人材が育つので、企業としても成長していきますし、しっかりと上の社員が下の社員を育てていくので、技術の伝授も行う事が出来ます。

逆に、社員の勤続年数が短い企業は、人の入れ替わりが激しいので、それだけその企業に魅力を感じない社員が多いという事になります。

そういう企業は「20代からでも重要なポストに就けます!」「20代が多い職場です!」などと求人に書いてあるので注意です。20代で重要なポストに就けれたり、20代が多いという事は「上が育っていない」という事なので、かなり危ないです。

このように平均勤続年数の長さは「社員が辞めたがらない企業かどうか」を知る良いデータになるので、ホワイト企業に入社したい人はしっかりと、平均勤続年数の長い企業を探した方が良いです。

給与水準が適正かどうか

ホワイト企業では「給与水準」がしっかりしています。

給与水準が適正だったり、同業他社よりも高い企業は「人件費」にしっかりとお金を使ってくれています。

給与水準が適正か以外にも「残業代がしっかり出る」「ボーナスが出る」「有給休暇をしっかりと使わせてくれる」などがあるかも、しっかりと調べた方が良いです。大事なのは「1回の報酬額」では無く「合計の報酬額」なので、福利厚生がしっかりしているのも大事なのです。

世の中には社員を「人材」として扱っている企業もあれば「人財」と扱っている企業もあります。人材と扱っている企業は社員を「物」として見ているので、社員から不満を抱かれやすいです。「人財」と扱っている企業は社員を「財(宝)」として見ているので社員は不満を抱かないで働けます。

ホワイト企業は社員を人財として扱ってくれるので、社員の人達もイキイキしていて働いています。

口コミサイトで悪評の有無

ネットには口コミサイトが多くありふれています。

口コミサイトには「元社員の人」「現役社員」の書き込みがあるので「生の情報」を知れるのはとても、役に立ちます。

しかし、口コミサイトには嘘情報もあるので、そこは正しい情報をしっかりと見極めるセンスが重要になってきます。ネットで調べれば「ホワイト企業ランキング」なども出てくるので、ホワイト企業はすぐに見つける事が出来ます。

まとめ

以上がホワイト企業に当てはまる5つの項目です。

ここで重要なのが、ホワイト企業の全てが「大手企業」とは限らないという事です。中小企業やベンチャー企業にもホワイト企業はあるので、しっかりと調べてホワイト企業と出会えれば良いですね!